FP2級ギリギリだったので実技不合格

FP2級ギリギリでした。

何がって、勉強がッ!

2023年9月10日(日)にFP2級試験を受けた実体験からブログ書きます。

完全合格ではなく、一部合格。

実技が不合格でした。

また、これからFP2級を受けようとしている方に向けて、FP2級試験の当日の気付きを共有しますね。

見出し
1.ぼくがFP2級の勉強ギリギリだった理由
2.FP2級試験当日の気付き

スポンサーリンク

1.ぼくがFP2級の勉強ギリギリだった理由

 

FP2級の勉強、ギリギリでしたよ。

辛うじて学科は合格。

でも、実技が不合格ですよ。。。

何故ギリギリになってしまったのか。

理由を考えてみます。

これからFP2級の試験を控えている方は、間違っても真似しないようにしてくださいねー。

FP2級の勉強がギリギリになってしまった理由

・単純に勉強の時間が足りていなかった
・テキストは3ヵ月前に読み始めたけど、問題集を買ったのは3週間前だった

この2つだと思います。

・単純に勉強の時間が足りていなかった

勉強がギリギリになってしまった理由は、単純にこれですね。

勉強の時間が足りていなかった。

これです。

FP2級試験3ヵ月前からテキスト読み始めていましたが、読み終わるのに1ヶ月。

FP2級試験2ヵ月目から過去問をスマホで時始めましたが、ここで初めて

「FP2級、難しいッ!」

となりました。

難しすぎるとモチベーションが下がります。

更に、他のことでスマホやPCで作業することが増えてしまいました。

アートコンテストへの作品創りやら、ゲームコンテストへの応募への勉強やら、NFTの勉強やら、仮想通貨やら。。。

(アートコンテストは優勝できたので、これについてはプラスの経験ですが。)

結果、FP2級の過去問のためにスマホを使うことが無くなってしまった。

そして、約一ヵ月はFP2級の過去問を一切解かないという、空白の期間がありました。

ぼくがFP2級の勉強がギリギリだったのは、勉強時間の不足に他なりません。

・テキストは3ヵ月前に読み始めたけど、問題集を買ったのは3週間前だった

ぼくはFP2級のテキストは3ヵ月前に購入していました。

そして、ゆっくりですが読み進めていました。

このテキストです。

 

全体的にイラストがいたるところにあり読みやすいです。

各項目の重要度もA~Cまで明記されていて、図解も多く、分かりやすくて気に入っています。

テキストのみ購入して、スマホで過去問を解いていました。

が、しかしッ!

目が疲れるとか、他にスマホでやることがあるとか、スマホデトックスせなあかんとか、色々理由を付けて、結局スマホでの過去問は進みませんでした。

これはマズイということで、3週間前に過去問の書籍を購入したのでした。

思えば、2ヵ月前位に購入して書籍での勉強を進めていれば、こんなギリギリにならなかったと思います。

この問題集も、引き続き各項目の重要度がA~Cで明記されています。

そして、テキストと連動していて、テキストのページ数も明記されているので、間違えた項目はスムーズにテキストで確認ができます。

「回答隠しシート」もついてくるので、これがあれば移動中でも、立ちながらでも、どこでも勉強ができます。

なぜもっと早く購入しなかったのだろうというのがあります。

やはり、勉強のためのツールに関してはケチってはダメですね。

特にぼくと同じく、スマホやPCで仕事や創作、ゲームとかすることが多い方は、過去問問題集も紙で勉強することを強くお勧めします。

2.FP2級試験当日の気付き

ぼくは2023年9月10日にFP2級の試験を受験しました。

場所は日本大学三軒茶屋キャンパスです。

当日の気付きを共有しますね。

・普段通りの生活で普段通りのアウトプット
・学科の途中退室は荷物全部持って
・実技も途中退室が吉
・会場が寒い
・ペットボトルはカバンの中
・晴れた日の朝、昼に公園のベンチで勉強をすると最高
・会場を堪能することも忘れずに
・「私の時計で進めます」がやっぱりかっこいい

下記に深堀りします。

・普段通りの生活で普段通りのアウトプット

これ基本です。

ここぞという時こそ、普段通りの生活リズムですね。

勉強はギリギリでした。

そして、全く回答が分からない問題も多かったと思います。

それでも、選択式であれば推理して回答したり、「明らかに間違いだろ!」というのを見つけ出したり、頭を使って何とか全部の回答を埋めました。


・学科の途中退室は荷物全部持って

学科試験も実技も開始後1時間で、途中退室が認められています。

ぼくは机に受験票を置いたまま退室しようとしてしまい、試験官の方に止めて頂きました。

同じ席にまた戻って来るのだとしても、受験票は肌身離さず持っておくべきですね。


・実技も途中退室が吉

実技は90分です。

ぼくが回答を全て埋めて、見直しを完了させ、さあ途中退室しよう!と思った直後。

「試験終了10分前です。これより退室できません。」

というアナウンスが。

まじか!と。

途中退室した人は約50人中2~3人しかいなかったので、一斉に試験終了して帰るという状況に。

そして、他の部屋も7部屋位あって、案の定、出口までも混むし、出口は混むし、駅までの道も混んでいました。

三軒茶屋駅が最寄りですが、ぼくは駒沢大学駅まで歩いたのでした。

ギリギリまで粘りたいというのであれば、それもいいかと思います。

結構実技の問題がボリューミーなんですよ。

だから、計算とか手こずっていると時間足りなくなる場合もあるかと。

ただし、途中退室の方が帰り道混まなくて良さそうです。


・会場が寒い

9月ですが、暑い日でした。

クーラーがめちゃくちゃ効いてて、寒く感じる方もいらっしゃったのかと。

寒がりな方は、上着持ってくるのが吉だなと感じました。


・ペットボトルはカバンの中

FP3級の時はOKだったのですが、FP2級だとペットボトルは机に置いちゃあいけません。

水は開始前に飲んでおきました。


・晴れた日の朝、昼に公園のベンチで勉強をすると最高

丁度、試験会場の近くに公園があったんですよ。

学科の試験の開始1時間以上前に会場を確認、そして公園で勉強をしていました。

ギリギリ感ハンパないですね。

更に、昼休みにも学科の勉強を。

ただ、この日はよく晴れていて、木の陰で直射日光も当たらず、気温も暑すぎず寒すぎず。

穏やかな時間を過ごせましたよ。


・会場を堪能することも忘れずに

初めて日本大学の三軒茶屋キャンパスに入りました。

思いのほかシンプルで、中庭とかもなかったので、FP3級の時の青山学院大学ほどではありませんでしたが、新鮮でしたよ。


・「私の時計で進めます」がやっぱりかっこいい

試験官の方のセリフです。

「私の時計で進めます」

一度言ってみたいものです。

ということで、FP2級の勉強がギリギリだった理由と、FP2級試験当日の気付きでした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました