コインチェック貸し出しされない!ビットコインレンディング承認されない時は

コインチェック貸し出しされない。

コインチェックのレンディングが何時まで経っても承認されない。

何故、コインチェックレンディングが承認されないのか。

ビットコインレンディングを早く始めたいけど、方法はないか。

こんなお悩みにお答えします。

コインチェック貸し出しされない時、レンディングが承認されない時はどうしたらいいか。

結論、年利10%のレンディングサービスを利用するです。

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 コインチェックで初めての仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 現在日本円で150万程の仮想通貨所持
・2023年 コインチェック以外のレンディングサービス2社で運用中

見出し
1.コインチェック貸し出しされない!レンディングが承認されない理由
2.コインチェック貸し出しされない!レンディングが承認されない時の解決方法は年利10%
3.ぼくがコインチェックではないビットコインレンディングを運用している理由
4.実際にぼくが体験したビットコインレンディングサービス2つ紹介

スポンサーリンク

1.コインチェックレンディング貸し出しされない!承認されない理由

コインチェック貸し出しされない!

そもそも、何故コインチェックレンディングが承認されないのでしょうか。

その理由の1つとしては、応募者が多すぎて順番待ちの状態になってしまっているからだと思います。

「仮想通貨を放置で増やせる?!」

「是非、レンディングしよう!」

こういった需要に対して、コインチェックが仮想通貨を貸し出す機会が圧倒的に少ないからかと。

コインチェックは歴史がある仮想通貨取引所ですし、信頼性もある。

だからこそ人気になってしまい、じゅうぶんにサービスが行き渡っていないという状況です。

コインチェックは自社でレンディングの運用をしようとしていますが、申し込みが多すぎて、さばききれていないという状況。

貸したいという人がいくら多くても、借りたいという人が居なければレンディングは成り立ちません。

これがコインチェック貸し出しされない理由だとぼくは思います。

2.コインチェック貸し出しされない!レンディングが承認されない時の解決方法は年利10%

それでは、コインチェックでのビットコインレンディングが承認されない時はどうしたらいいのでしょうか。

コインチェックレンディングが承認されない時の解決方法は、別のレンディングサービスを利用することです。

レンディングサービスを専門にやっていたり、レンディングサービスを一事業としてやっている企業があります。

コインチェックと比べて、知名度が高くありません。

また、創業から間もなくの企業もあり、コインチェックと比べてしまうと、信頼性には欠く部分もあるかと思います。

ただし、あまり知られていないということがミソ。

借りたい人は沢山居るのに、貸してくれる人は少ないという現象です。

コインチェックと逆の現象ですね。

また、コインチェックと違うのはその企業の規模です。

コインチェックは大企業ですし、仮想通貨取引事業、レンディング事業、それぞれの業務手数料が必要です。

また、働いている人の給料等、バックオフィスにお金を回す必要があります。

一方、レンディングサービスに特化した中小企業であれば業務手数料や人件費、バックオフィスに回すお金を必要最小限に抑えることができます。

こういった背景もあって、コインチェック以外のレンディングサービスの方が、貸し出しがスムーズに行き、年利も高水準で提供してもらえるのです。

レンディングしたいと思っても、いつまでも貸し出しされないんじゃあ先に進めません。

3.ぼくがコインチェックではないビットコインレンディングサービスを運用している理由

コインチェックではレンディングがなかなか承認されません。

レンディングが実際に始まるまでは、終わらない順番待ちの状況になってしまっています。

だからぼくは、コインチェック以外の2つの場所で、ビットコインレンディングをしています。

レンディングをするのに、プラットフォームのこだわりを無くしました。

とにかく、レンディングを始めたいッ!

そんな気持ちがあるからです。

2024年の半減期、ETF承認、大統領選で、ビットコインの価値が上がってしまうのは目に見えています。

その前に、少しでも多くのビットコインを保有していたい。

資産を増やしておきたいという気持ちがあります。

ぼくが初めて仮想通貨取引所の口座を開設したのはコインチェックですし、IEOや様々なわくわくする体験もさせてもらいました。

レンディングもコインチェックで!

と言いたいところですが、待ち時間があまりにも長く、年利も低い。

レンディングに関してはコインチェック以外を選択しました。

ぼくがやっているレンディングサービスは2つあります。

どちらもすぐに承認されたんですよ。

入金からレンディング開始まで1つは5日位、1つは10日位でしたよ。

2023年10月18日現在、ビットコイン日本円換算で90万円分と4万円分をレンディングしています。

2023年10月31日現在、予想通り、ビットコインの価値が1BTC = 420万円から510万円になりました。

追加でビットコインをレンディングし、現在は0.29BTCを一つの口座で。

0.01BTCはもう一つの口座で運用しています。

それぞれ年利10%と8%ですが、今後もレンディングの金額は増やしていくつもりです。

4.実際にぼくが体験したビットコインレンディングサービス2つ紹介

ここからは、実際にぼくが体験しているビットコインレンディングサービスを2つ紹介させて頂きます。

1つ目はPBRレンディングです。

何と言っても年利最高12%と言うのが魅力。

PBR Lending

上記から公式サイトに行くことができます。

始め方は簡単3ステップ。

コインチェックと同じで、口座を持っているだけであれば無料です。

PBRレンディングって、初めて聞いた方も多いと思います。

始まったばかりのサービスなのでとにかく情報が少ない。

だから、ぼくは会社の概要とか、公式サイトをよく見て判断しました。

下記に、ぼく個人的なPBRレンディングの運用のブログもまとめています。

結論としては「PBRレンディングは活用しない理由はない」です。

ただし、年利12%ではなく年利10%コースで運用しています。

ずっと資産をロックされるリスクよりも、年利2%減を選択したのでした。

年利12%も勿論選択可能です。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

PBRレンディング危険?実際にやってみたブログまとめ

年利12%は、他ではなかなか聞かない高金利です。

それも、まだ利用者が少ない今だからこそと予測しています。

利用者が増えてくれば来るほど、金利は下がってしまい、レンディングまでの順番待ちの時間はもっと長くなるという予想。

コインチェック貸し出しされない今のように、PBRレンディングもなかなかレンディングの承認がされないという未来が来ると、ぼくは思います。

まだ知られてなくて、利用者も少ない今のうちに、始めておきましょ。

PBRレンディングの運営会社は、コインチェックと違って仮想通貨専門の会社じゃあないんですよ。

1つの事業としてやっている感じ。

更に、創業5年のベンチャー企業でもあります。

企業としても色々と方向性を模索している時期なのかと。

だから、高金利ではあるけど、リスクが大きいという見方もあります。

いくら高金利でも、倒産したりハッキングされたら何も残りませんからね。

そこでぼくは、もう1つレンディングサービスで運用しています。

リスクヘッジと比較のために、2つのビットコインレンディングを同時にしています。

ビットレンディングというサービスが、ビットコインレンディングのもう一個です。

BitLending

こちらも、上記リンクから公式サイトへ行けます。

PBRレンディングより年利が2%ほど低いですが、それでも8~10%です。

銀行に預けるよりも何倍も早く資産が増えます。

ビットレンディング(BitLending)のメリットとしては、「月間暗号資産」の発行元ということもあり企業として専門性があること。

企業として専門性があるので、ノウハウも蓄積されていると思います。

これすなわち、信頼できるということかと。

ビットレンディング(BitLending)も聞きなれないと思います。

「ビット」と付くからネーミングの馴染みやすさはあるんですけどねー。

ぼくは、ビットレンディング(BitLending)についても調べてまとめてみたことがあります。

下記ブログです。

ビットレンディング(BitLending)ってどうなの?始め方までまとめ

上記のブログには、ビットレンディングのメリットデメリット、ビットレンディングの始め方も紹介しています。

コインチェック貸し出しされない、ビットコインレンディングが承認されない時は、別のビットコインレンディングを始めましょ。

ぼくは現在、年利8%と10%でレンディング中です。

途中経過は下記ブログに追記していきますね。

PBRレンディング危険?実際にやってみたブログまとめ

コインチェックから、PBRレンディングに送金するというひと手間はあります。

でも、コインチェックレンディングと比べると、瞬速でレンディングを始めることができるというのが最大の魅力ですね。

あまり知られていない2つのレンディングサービス。

是非、今のうちに登録、運用を始めておきましょ。

「あの時、一寸勇気を出してPBRレンディングしておけばよかった!」

という後悔をしないために。

日々、もらえるはずだった金利は減少して行きますよ。

例えばぼくは0.29BTC預けて、毎日日本円で200~400円位増えていますよ。

今、行動です。

それでも不安な場合は、既にリスクを取って先に始めているぼくのブログを読んでみて下さいねー。

なるべく下記の記事に、リアルタイムでブログ記事を更新していきたいと思いますよ。

PBRレンディング危険?実際にやってみたブログまとめ

現在、ほぼ毎日ペースでブログを更新できています。

ビットコインの最新情報を得たぼくなりの解釈や、資産運用に関する書籍の書評も盛り込んだ内容になっております。

コインチェック貸し出しされない!

この問題に対しては、別のビットコインレンディングサービスを活用するというのが最適解だと思います。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました