大岡山の町中華!麺や新源の辛味噌らーめんと辛もやし

大岡山の町中華!
麺や新源の辛味噌らーめんと辛もやし
見出し
1.大岡山の町中華!麺や新源の辛味噌らーめんと辛もやし
2.麺源の辛もやしは一風堂を遥かに凌駕する辛さッ!!
スポンサーリンク

1.大岡山の町中華!麺や新源の辛味噌らーめんと辛もやし

新しいビットマップ イメージ.jpg
写真は
大岡山の町中華
麺や新源で頂くことが出来る
辛味噌らーめん 950円です。
辛いッ!
辛さの中にも、旨味があるのは野菜が多いからですねー。
茹でられたもやし、玉ねぎ、キャベツは甘く感じます。
この対比が辛いッ!
スイカに塩をかけると甘くなるというのがあると思います。
これ、まんまこれッ!!
野菜が甘いので、辛味噌の辛さが際立つんですねー、
そして辛味噌だけではなく、鷹の爪もかなり多目にのってます。
辛ーッ!!
味噌は濃厚なので、辛いだけじゃないコクも感じることが出来ます。
麺は以外と細麺。
結構細いですよー!!
勝手に太麺かと思ってたので、拍子抜けをしてしまいました。
九州豚骨ラーメンよりは太いですが、他の味噌ラーメンと比べるとかなり細い麺です。
麺も結構多めに入ってるんですよ。
これは満足ですねー。
手が混んでいるので950円も適正価格かと。
店内の雰囲気は町中華っぽいです。
お父さん、お母さんがやっている町中華。
常連さんもいらっしゃって、楽しげに会話をされていましたよ。
はじめて行きましたが、この雰囲気、嫌いじゃない。
カウンター8席、あと小ぶりのテーブル席が2個あります。
夜はお酒を飲むのも良いかもしれませんねー。

2.新源の辛もやしは一風堂を遥かに凌駕する辛さッ!!

新源の辛もやしは一風堂を遥かに凌駕する辛さです。
まだ食券は無いようで、現金で30円お母さんに支払い。
小ぶりのお皿に、辛いもやし出してくれます。
辛もやしというと、ぼくは一風堂の辛もやし思い出します。
一風堂には、あれを食べに行きますから。
進源の辛もやし、一風堂とは違います。
辛いッ!
本格的に辛いッ!!
かなり辛いので注意ですよー。
辛いのが得意ならば丁度いい辛さ。
だって、辛もやしだもの。
前述した辛味噌ラーメンは、この辛もやしの後に食べたんですよ。
だから、辛さ倍増してたのかなーとも。
この辛もやし、3杯分くらい頂きたいッ!
そう思うほど、辛いもの好きには魅力的な味でした。
ラーメン、辛もやし共に大満足でしたよー。
今回もごちそうさまでした。
🍀これな!
♦️辛味噌ラーメンですよー。
♣️蒙古タンメン、味仙、ごまりゅう、鬼金棒とは、また違った辛さです。
🍜野菜の甘みが逆に辛いッ!
📗激辛ではないけど、これ食べる前に激辛もやし食べたので辛さ倍増かと!!
🐼一風堂のもやしの辛さとは、レベルが違うッ!!https://t.co/TYVvHaZsEv

ということで、大岡山の町中華!麺や新源の辛味噌らーめんと辛もやしでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。