いぬの散歩を仕事にしていた頃。限りない感謝と恩返しをしなければという気持ち。

いぬの散歩を仕事にしていた頃。
限りない感謝と恩返しをしなければという気持ち。
文章として残します。
見出し
1.いぬの散歩が仕事だった頃、温泉付きだった
2.限りない感謝と、次の世代への恩返し
スポンサーリンク

1.いぬの散歩が仕事だった頃、温泉付きだった

「🍀温泉入りたい!
♦ふと、いぬの散歩を仕事にしていた頃を思い出しました。
♣夕方には温泉につれていってもらってたなー。
📕今はひとりだけど
🌸温泉に行きたい!」

2.限りない感謝と、次の世代への恩返し

異国の地で。
なかなか有り得ない体験だと思います。
申し訳なかったのですが、なかなか。
仕方なくバイトをするという選択肢を選びましたが、本当に申し訳なかったです。
でも、そんなぼくにも優しく接してくれて、よく温泉からのビールというのを一緒にやっていました。
思えばぼくがビール好きなのも、こういう楽しかった思い出があるからなのかなと。
最近思います。
だからこそぼくは、何らかの形で、受けた恩を返していかなければならない。
ぼくが最高のパフォーマンスが出せる、自然な分野で。
最近では、それが何か分かりかけて来てます。
生き延びさせてもらって、感謝。

ということで、いぬの散歩を仕事にしていた頃。限りない感謝と恩返しをしなければという気持ち。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です