会社員なら、残業無い営業職が一番時間が自由だと気づきました。その理由

本ブログ「なのふら」にはプロモーションが含まれています
本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

会社員なら、残業無い営業職が一番時間が自由だと気づきました。

その理由をお伝えします。

見出し
1.営業職は売り上げを上げるのが仕事
2.営業職のタイム感は自分次第
3.残業しても営業出来ないなら無駄
4.移動時間や昼休みを残業の代替に出来る
5.会社に縛られないのは営業職、転職も出来る

スポンサーリンク

1.営業職は売り上げを上げるのが仕事

営業は売上を上げるのが仕事です。

長時間働いても、短時間でも、結果的に売上を上げた方が仕事をしていると言えます。

2.営業職のタイム感は自分次第

営業職は時間の使い方も任されています。

タイム感は自分次第です。
効率よく時間を使い、売上に繋げることが仕事と言えます。

3.残業しても営業出来ないなら無駄

いくら残業しても売上が上がらなければ、それは仕事をしたということではありません。

営業職は営業職の仕事を第一優先にするべきです。

4.移動時間や昼休みを残業の代替に出来る

会社に遅くまで残ってカップラーメンをすする、そんなサラリーマン像はもはや時代遅れです。

移動時間。、昼休み、朝の時間を活用できるはずです。

これだけネットやPCが手段として発達しているのですから、会社に縛られることは本来はないはずです。

5.会社に縛られないのは営業職、転職も出来る

会社に縛られないという点では、他の職種よりも営業が一番汎用性があるとぼくは思います。

気づいているところは営業無しの企業もあります。

でも、たいてい何処の企業も営業職という席はあります。

営業職は割と汎用性もある仕事と言えます。

ぼくは実際にフリーター、無職から営業職の正社員になった経験があります。

その際には下記を活用させて頂いていました。

転職時のよきパートナーとして、転職市場や自分の市場的な位置まで教えてくれるサービスです。

★DUDA

ということで、会社員なら、残業無い営業職が一番時間が自由だと気づきました。その理由でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました