初路上緊張した!でも、誰も聞いちゃあいないッ!~初めての路上ライブ~

ぼくは初路上ライブを体験したことがあります。
初路上緊張したッ!!
初路上ライブの日は緊張しっぱなしでしたよ。ほんとに。
この経験から、共有します。
これから路上ライブをしようと考えている方に、初めての路上ライブでおすすめの時間帯をお伝えしたいと思います。
見出し
1.初路上ライブ緊張した!平日の午前中
2.初めての路上ライブの感想
3.開き直った初めての路上ライブ
4.初路上ライブをやってみて
5.初めての路上ライブでおすすめの時間帯
スポンサーリンク

1.初路上緊張した!平日の午前中

初めての路上ライブでおすすめの時間帯は「平日の午前中」です。
路上ライブって、
始まりも終わりも自分で決めます。
勝手に道に立って
勝手に演奏をするわけですから。。。
とはいうものの、
人生初の路上ライブの日
ぼくは朝から緊張しっぱなしでした。
上手く出来るだろうかと。。。
上手く歌えるだろうかと。。。
事前の下調べで
だいたいこの場所が良さそう
場所に着いてセッティングをして
もう準備が整っているのにも関わらず
一向に演奏を始めることが出来ませんでした。。。
10分位、こう
チューニングしてるフリをしてる、、、
みたいな。。。
緊張マックス!!

2.初めての路上ライブの感想

意を決してギターで曲を演奏し始めるのですが
緊張のピークは
歌の入りです。
もう震えで声が震えていたのが
自分でもわかりました。
その状態のまま1曲目が終了。
通常のライブハウスでの演奏であれば
ここで拍手だったり
何らかのリアクションが
お客さんからあるものですが
まったく
ありませんでした。
それもそのはず、
目の前にお客さんが一人も居ないのですから。
この時点で緊張はふっとびました。

3.開き直った初めての路上ライブ

誰も聞いちゃあいないッ!!
お客さんが居ないのは本来
演奏する側としては恥じるべきことではありますが
こと
「初めての路上ライブ」
にとっては
お客さんが居ない状況は好機でした。

4.初路上ライブをやってみて

誰も聞いちゃいないと思うことによって
緊張もほぐれましたし
普段通りの演奏も出来る様になりました。
路上でも、
普段通りに演奏が出来る!!と自覚出来ると
「もう地球の何処に居たって、演奏できるじゃあないか」
という
奇妙なポジティブシンキングになり、
楽しくなり
その結果、
足を止めてくれる方も
時間はかかりましたが
増えて行くという好循環に持っていくことが出来ました。

5.初めての路上ライブでおすすめの時間帯

平日の午前中
通行人が少なく
人が忙しく歩いている時間帯
この時間帯は
初めての路上ライブの緊張を取るために、おすすめの時間帯と言うことが出来ます。
これから路上ライブを始めようと考えていらっしゃる方
まず、誰も聞いていない時間帯!
この時間帯に、自分のコンディションを整えることをおすすめします。
以下には、路上ライブ経験から役立つ情報を厳選して共有しています。
是非、見てみてくださいねー!!
※路上ライブは許可された場所か、許可を取って演奏しましょう。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です