ステラルーメン(XLM)はオワコン?!ではない理由まとめ

ステラルーメン(XLM)はオワコン?!

結論、ぼくはオワコンではないと思います。

その理由をまとめてみました。

ステラルーメン(XLM)をガチホしているぼくの自己紹介は、下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催、借金200万円完済
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 ステラルーメンをガチホしながら、ビットコイン年利10%で運用

見出し
1.ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由
1-1.ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由①ブリッジ通貨として世界統一通貨の可能性
1-2.ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由②人口が多い地域をターゲットにしている
1-3.ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由③大手企業との連携
2.1XLM = 18円(0.12ドル)の際、45,000円(300ドル)で2,500XLMを購入しました
3.ステラルーメン(XLM)の買い方
4.ステラルーメン(XLM)をガチホしながらコインチェックで1万円増やしました

 スポンサーリンク

1.ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由

ぼくは、ステラルーメン(XLM)はオワコンではないと思います。

その理由は下記3つです。

①ブリッジ通貨として世界統一通貨の可能性
②人口が多い地域をターゲットにしている
③大手企業との連携

下記に深堀します。

1-1.ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由①ブリッジ通貨として世界統一通貨の可能性

ステラルーメン(XLM)はオワコンどころか、世界統一通貨になる可能性があるとぼくは思います。

全部の法定通貨が「XLM」になるというのではなくて、ブリッジ通貨として。

ブリッジ通貨とは、異なる通貨の橋渡しができる通貨のことを言います。

・円⇔ステラルーメン(XLM)⇔ドル

このように間に挟まることによって、早く、そして安く通貨を交換することができます。

もしかしたら、国際間送金は従来の送金方法の方がオワコンになり、替わりにブリッジ通貨としてのXLMがメインになる未来もあるかも知れません。

でも、まだまだ普及には時間がかかると思います。

まだまだ仮想通貨、暗号資産というものは信用されていない側面もあります。

仮想通貨は無数に存在し、残念なことにその一部は詐欺だったり、無価値だったりするものも含まれちゃってます。

一事が万事ということで「仮想通貨は怪しい」「ビットコインは絶対に手を出さない」という層の方が日本では多いかと。

また、2017年の仮想通貨バブルで「ビットコインはもうオワコン」と思っている人も多いのだと思います。

ただ、2024年1月10日にようやくビットコインETF承認されて、社会的にも認められる兆しが出てきました。

でも、まだまだ普及には時間がかかりそうですねー。

長い時間がかかりそうですが、ぼくはステラルーメン(XLM)は世の中に浸透していくと思っています。

何といっても、ステラルーメン(XLM)は決済に大きな強みを持っているんですよ。

ブリッジ通貨としての資格があるというか。

決済の速さは2~5秒。

一瞬です。

日本からドイツへの送金も、一旦ステラルーメン(XLM)にしてから送金すれば2~5秒。

待つことはありません。

同じ仮想通貨のビットコインでも送金には10分程度かかりますから、この速さは最大の特徴と言えます。

また、送金手数料は0.00001XLM(約0.00113円)とめちゃくちゃ安いです。

今まで海外送金で高い手数料を払っていて、なおかつ何日もかけて待っていたのが、何だったのだろうと思えてきますよね。

なお、ステラルーメンは下記からサクッと買うことができます。

口座開設をして、日本円を入金し、ステラルーメンを選択して買えばいいだけ。

手軽に一歩先の通貨を手に入れることができますよ。

コインチェック

1-2.ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由②人口が多い地域をターゲットにしている

ステラルーメン(XLM)はオワコンではありません。

むしろ将来性が明るいと思えます。

それは、東南アジア・イスラム、アフリカ圏の決済をターゲットにしているところです。

なにせ、人口が多いのはそれだけで強い。

人口が多い地域での需要が拡大すれば、それだけで世界的にもステラルーメン(XLM)の需要が拡大するということになります。

ステラルーメンはもともと、金融サービスが十分ではない発展途上国の人々のために開発されたという側面もあります。

発展途上国では、貧困が原因で銀行口座を持てない人が多いです。

そんな彼らでも、お金を預けたり、送金したり、貸し借りをしたりできるように作られたのがステラルーメンです。

東南アジアでは、インドネシアやマレーシアで実用化が進んでいます。

また、アフリカのゼネラルでは、仮想通貨を用いてすべての金融取引が行われる暗号都市である「エイコンシティ」の計画が進められています。

「エイコンシティ」では、ブロックチェーンのステラが使われると言われています。

更に、イスラム圏でもステラルーメンは認知度、信用が高いです。

イスラム圏では「シャリア適合認証」というのがあり、ステラルーメンもこれに該当します。

イスラム圏で「シャリア適合認証」を取っているとなると、その地域内での信頼が非常に高くなります。

特に金融業界では重要な認証となっているため、ステラルーメンの社会的信用も高くなっているというわけです。

1-3.ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由③大手企業との連携

ステラルーメン(XLM)はオワコンじゃあないんですよ!

将来性は明るい。

大手企業との連携を見てもそう言えると思います。

米国大手企業のIBM社は、国際送金手段としてステラルーメンを採用しています。

デトロイト、TEMPO等も、ステラルーメンの特徴に注目しているようです。

今後も、こういった大手企業との連携、支援が続くと、ステラルーメンそのものの価値も上がっていくと予想されます。

ステラルーメンは実用性だけではなく、価値も上がっていくとぼくは思います。

だから、ぼくはステラルーメンをガチホしているのですが。

下記からサクッと購入です。

コインチェック

2.1XLM = 18円(0.12ドル)の際、45,000円(300ドル)で2,500XLMを購入しました

ぼくはステラルーメン(XLM)はオワコンではないと思います。

実際にステラルーメン(XLM)も保有しています。

2,500XLM。

1XLM = 18円(0.12ドル)の際、45,000円(300ドル)で2,500XLMを購入しました。

これは、ステラルーメン(XLM)の未来に期待しているから。

株と一緒ですね。

伸びると思う銘柄に投資しておくという。

その価値が2倍、3倍になればいいなーなんて思っています。

でも、どう考えても便利で現在の国際送金の問題を一掃してくれるので、めちゃ未来は明るいと思うんですよ。

全然話題になっていないのは、まだ知られていないだけだと。

そう考えると、もう一寸、投資金額を多くしても良いかななんて思えてきます。

今のところ、大きなプラスにも、大きなマイナスにもなっていません。

しばらく様子見で保有しておこうかと思いますよ。

3.ステラルーメン(XLM)の買い方

ステラルーメン(XLM)は仮想通貨取引所で買うことができます。

一番簡単なのはコインチェックです。

日本円からダイレクトにステラルーメン(XLM)買えちゃいます。

ステラルーメンを買う方法は下記3ステップです。

①コインチェック口座開設
②日本円入金
③コインチェックでステラルーメン購入

下記に詳細。

①コインチェック口座開設

まずはコインチェック口座開設です。

これがないと先に進めませんよ。

下記、公式サイトから登録可能です。

コインチェック

②日本円入金

次にコインチェックに日本円を入金です。

下記に詳細を書いているので置いておきますね。

コインチェックで口座開設する方法を簡単に解説ッ!

③コインチェックでステラルーメン購入

最後に、コインチェックでステラルーメンを購入です。

この方法は、手数料が加算されているので割高ではあります。

板取引といって、市場に出て、直接他の投資家と取引して、金額を決めて購入するという手段もあります。

でも、全くの初心者だとハードル高すぎです。

ぼくは今でこそ海外取引所で板取引をしていますが、ビットコイン買い始めた頃は、滅茶苦茶難解でしたよ。

なかなか取引成立しなかったので、手数料で時間を買うという意味で、販売所でビットコインを購入しました。

とにかく、一刻も早くです。

一刻も早く「ビットコインを持っている」という状況に達したければ、一番簡単でシンプルなのは販売所で買うことです。

また、コインチェック以外でもステラルーメン(XLM)を買うことが出来ます。

下記ですよー。

bybit公式ページ

ぼくはメインでコインチェックを使っていますが、ビットコイン以外のコインについてはBybitで取引しています。

Bybitでステラルーメン(XLM)を買うメリットとしては、板取引で取引が出来るので、うまくいけば安く買える場合もあることです。

最初はコインチェックからビットコインを送金、届いたら一旦USDTにしてという作業がありますが、最初だけです。

後は、板取引に集中できますね。

ぼくはまだ現物の取引しかしていませんが、Bybitには先物だったり、レバレッジをかけたりと、取引の種類も多いのが特徴。

FXや株取引のご経験者であれば、割とすんなり操作できると思います。

4.ステラルーメン(XLM)をガチホしながらコインチェックで1万円増やしました

ステラルーメン(XLM)はオワコンどころか、今後に期待できると思うのでガチホしています。

ぼくは、ステラルーメン(XLM)をガチホしながら、コインチェックでビットコインを1万円増やしたことがあります。

ビットコインの取引だけであれば、コインチェックだけでじゅうぶんだと感じました。

その模様は下記です。

ビットコイン9万円を10万円にした時のブログ

ステラルーメン(XLM)はオワコンではない理由は下記です。

①ブリッジ通貨として世界統一通貨の可能性
②人口が多い地域をターゲットにしている
③大手企業との連携

ステラルーメン(XLM)には、期待ができると思うんですよ。

ステラルーメンをコインチェックの販売所でサクッと買うのも、Bybitで板取引で取引して買うのも、どちらの入り口も下記からです。

コインチェック

10分程度で登録は完了です。

ただ、注意点として、すぐにはステラルーメンを買うことはできません。

2~3日して口座開設したという連絡が入ったら、ようやくステラルーメンを買うことができます。

時間がある今のうちに、口座開設だけはしちゃっときましょ。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

 スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました