仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法と43日目のブログ 

仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法と43日目のブログ 

仮想通貨で借金地獄になりたくない。

確実に仮想通貨で借金地獄にならない方法があれば知りたい。

こんなご要望にお答えします。

このブログを読むと「仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法」を知ることができます。

その中の一部のやり方を公開します。

更に、ぼくが実際にその方法でやっている43日目のブログも併せてお伝えしますね。

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催、借金200万円完済
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 現在資産運用年利10%で運用中

見出し
1.仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法
1-1.仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法①無くなっても良い金額で仮想通貨を買う
1-2.仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法②借金をして仮想通貨を買うことはしない
1-3.仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法③借金をするのではなく、させる側にまわる
2.仮想通貨で借金をさせる側のぼくの43日目のブログ
3.仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法
3-1.仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法①仮想通貨取引所の口座開設
3-2.仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法②仮想通貨を購入する
3-3.仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法③仮想通貨を送金する

スポンサーリンク

1.仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法

仮想通貨で借金地獄になるって、怖いですよね。

円で借金地獄も怖いです。

ぼくは200万円の借金地獄を経験していますが、それはそれは恐ろしかったです。

でも、仮想通貨で借金をしたことは無いんですよ。

経験がないことは、それだけで怖いですよね。

だから、仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法を考えてみました。

下記3つです。

①無くなっても良い金額で仮想通貨を買う
②借金をして仮想通貨を買うことはしない
③借金をするのではなく、させる側にまわる

1-1.仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法①無くなっても良い金額で仮想通貨を買う

仮想通貨は価格の変動が激しいです。

ビットコインは2023年11月現在では、500万円以上で価格は安定しています。

でも、2022年の冬の時代と呼ばれる時には200万円位で推移していました。

逆だと恐ろしいですよね。

500万円出して買ったビットコインが、半値以下の200万円になっちゃうということ。

精神的なストレスだと思います。

だからこそ仮想通貨は、万が一、無くなっても良い金額で買うことをルールにしましょ。

例えその価値が0円になっても良い金額で買うことです。

はじめっから無くなってもいい金額であれば、もし損をしたとしても「勉強代」「経験への投資」と思うことが出来ます。

逆に「一生懸命汗水垂らして必死に貯めて1円も目減りして欲しくない貴重な100万円」では、絶対に仮想通貨買っちゃだめです。

もし仮想通貨を買ってしまい、その100万円の価値が50万円に下がったら?

10円とかになっちゃったら?

このストレスって半端ないと思います。

ストレスによって、暴飲暴食、金使いも荒くなり、生活費も足りなくなって、円での借金地獄生活の始まりになってしまうかも知れません。

仮想通貨は、「別に、無くなってもいいやー。」と思える金額を買うべきです。

1-2.仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法②借金をして仮想通貨を買うことはしない

借金をして仮想通貨を買うこともお勧めしません。

借金をした時点で、すでに借金地獄のスタートを切ってしまっている可能性だってあるからです。

例えば、毎月の収入以上の借金をして仮想通貨を買ったとしても、必ず返済義務があります。

ぼくは経験上よく分かりますが、年利18%の複利の借金の増え方はエグイ。

1日寝るだけで、3,000円とか取られるようなもんですよ。

圧倒的に後れを取ってしまいます。

借金をするのと同じで、レバレッジをかけすぎるというのも良くないと思います。

ぼくはまだレバレッジでの取引は未経験ですので、全否定は出来ません。

でも、もしマイナスになったら、かけた資産の何倍もの借金を負うことになるってことですよね。

これもまさしく、借金地獄の始まりですよ。

仮想通貨は、万が一無くなっても良い金額で、借金はしないでやってみるべきだと、ぼくは思います。

1-3.仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法③借金をするのではなく、させる側にまわる

仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法、最後ですが、これが一番効果的かと。

それは、借金をするのではなく、させる側にまわることです。

いわば真逆のポジションを取るということですね。

借金地獄 ⇔ 借金 ⇔ 借金をさせる側 

借金は良い借金と悪い借金があるので、中立。

借金地獄は最悪、その真逆が借金をさせる側です。

この位置であれば、借金地獄と距離を取れる。

だからこそ、借金をさせる側に回るのが、一番の借金地獄を回避する方法と言えます。

2.仮想通貨で借金をさせる側のぼくの43日目のブログ

借金をさせる側に回るって、言葉面はなんだか物騒ですが。

現代にはあるんですよ。

そしてキャッチーな言葉だと「レンディングサービス」です。

じぶんが「アイフル」とか「アコム」とかになるイメージ。

広い世界、仮想通貨を借りてレバレッジをかけて更に仮想通貨を増やしたいという人も居ます。

だからこそ、このサービスは成り立っているのですが、なかなか日本では考えられませんね。

ぼくの勝手な想像ですが、中南米とかの貧しい国の若い人が、貧困を抜け出すためにビットコインのトレードで財を成していくというイメージ。

そのためには、一時的にビットコインが必要だ。

利息を払っても、それ以上にビットコインを増やせる知識とスキルはある。

もうこんな貧乏な生活とはおさらばだ!

みたいな。

そんな人への軍資金を提供して、代わりに利息を頂くといったサービスです。

仮想通貨で借金をさせる側のぼくの43日目の記録です。

ぼくが使っているのは下記のサービスです。

PBRレンディング

0.29BTCを年利10%で運用しています。

BTC
貸借率  10%/年
貸出数量 0.297274 BTC
利息合計 0.003043BTC
返還数量 0.300317BTC

43日間、ほぼ何もしていませんよー。

勝手に利息が増えて行っています。

「ほぼ」何もしていないと言ったのは理由があります。

それは、ついつい、毎日どれだけ増えたかの利息の確認してしまうから。

デイリーで利息の確認が出来るんですよ。

下記がそのデータです。

Account History
2023 11月 残高
2023/11/29 利息 0.00002128BTC + 0.08152458BTC
2023/11/29 利息 0.00005448BTC + 0.20868054BTC
2023/11/29 利息 0.00000264BTC + 0.01011269BTC
2023/11/28 利息 0.00002127BTC + 0.0815033BTC
2023/11/28 利息 0.00005446BTC + 0.20862606BTC
2023/11/28 利息 0.00000263BTC + 0.01011005BTC
2023/11/27 利息 0.00005445BTC + 0.2085716BTC
2023/11/27 利息 0.00000263BTC + 0.01010742BTC
2023/11/27 利息 0.00002127BTC + 0.08148203BTC

若干見辛いかと思います。

その理由は、3回に分けて入金したから。

最初は最低貸出数量の0.01BTCを入金。

問題なく、信頼も出来ると判断。

次に、0.2BTCを入金したのでした。

そして、23年10月後半にはビットコインの価格が上がり始めちゃったので、慌てて0.08BTCを入金しました。

現在は550万円位で推移していますねー。

1BTC=550万円位であれば、利息だけで飲み会3回行けちゃう位になっています。

ビットコインの量だけ見れば日々プラスなので、仮想通貨の借金地獄とは無縁です。

3.仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法

ここからは、仮想通貨で借金をさせる側にまわることに興味を持たれた方向けに、その方法をお伝えします。

下記3ステップだけです。

①仮想通貨取引所の口座開設
②仮想通貨を購入する
③仮想通貨を送金する

3-1.仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法①仮想通貨取引所の口座開設

まずは仮想通貨取引所の口座開設です。

既に持っている方は、この項は飛ばしても可です。

初心者向けにはコインチェックがおすすめ。

理由は、簡単で分かりやすいこと。

数年前のぼくも、一番最初の仮想通貨取引所はコインチェックでした。

今では4つの口座を持っていますが、分かりやすいのは断然コインチェックです。

コインチェック

上記からサクッと登録可能ですよー。

3-2.仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法②仮想通貨を購入する

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入です。

ここでのポイントは、「万が一無くなっても良い額」ということと、仮想通貨でビットコインを貸し出す際の最低必要数量は、0.01BTCということです。

一番最初は、取引量が多いビットコインが無難だと思います。

手数料やらなんやらかかりますので、0.01BTCはNGです。

0.015BTCとか、0.02BTCとか余裕を持って買いましょ。

3-3.仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法③仮想通貨を送金する

最後に、購入した仮想通貨を送金です。

PBRレンディング

上記公式サイトから、レンディング用の口座開設です。

「txIDの送信」という一寸した専門的なことをやる必要があるので、そのやり方は下記に共有しています。

コインチェックからPBRレンディングを始める方法

送金完了したら、借金地獄とは真逆の、借金をさせる側で利息を得る生活のスタートです!

最後に、このブログの内容をまとめます。

仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法は、3つあるとお伝えしました。

①無くなっても良い金額で仮想通貨を買う
②借金をして仮想通貨を買うことはしない
③借金をするのではなく、させる側にまわる

特に、③は借金地獄とは真逆のポジションなので、借金地獄とは無縁です。

更に、仮想通貨で借金をさせる側のぼくの43日目のブログを公開しました。

そして、仮想通貨で借金をさせる側にまわる方法もお伝えしています。

①仮想通貨取引所の口座開設

コインチェック

初心者向けの仮想通貨取引所はコインチェック一択ですね。

②仮想通貨を購入する

ビットコインの購入がおすすめです。

「万が一無くなってもいい金額」かつ「0.01BTC以上」で購入です。

③仮想通貨を送金する

PBRレンディング

まずはレンディング用の口座開設です。

送金については一寸作業があるので、下記ブログで公開しています。

コインチェックからPBRレンディングを始める方法

仮想通貨で絶対に借金地獄にならない方法をお伝えしました。

ぼくは、2025年までコツコツとビットコインを増やして行こうと思いますよ。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました