転職は辞めてからでもOK!体験談!スキルがあればという話

転職は辞めてからでもOK!

体験談!

スキルがあればという話。

見出し
1.ぼくは転職は辞めてからでも成功しましたよー。
2.無職からの転職でも履歴書の内容があれば
3.転職のねらい目は「長い時間やったことがある職種」(業界問わず)

スポンサーリンク

1.ぼくは転職は辞めてからでも成功しましたよー。


転職は辞めてからでもOK! 体験談です。 スキルがあればという話ですが、ぼくは転職は会社辞めてからも成功しました。 肩書きの流れは
正社員→無職→正社員
全く問題なく転職成功しましたよ。 転職は辞めてからでもOKです! ただし、これはぼくだからであって、闇雲に辞めたいから辞めるというのはオススメしません。 会社がストレスで辞めたいッ! でも、転職先が決まらなくて辞めたくても会社辞められないなら、とりあえず辞めてみたら? そんな選択肢のご提案です。 ちなみにぼくは、会社にはそこまでストレスありませんでしたが、一度辞めたことがあります。 読んで頂いているあなたとぼくは、会社を辞める動機は違うかも知れませんが、転職先が決まらなくても辞めるというのは可能ですよッ!

2.無職からの転職でも履歴書の内容があれば


転職は辞めてからでも成功できます。 ぼくは転職を無職から成功させました。
ポイントは、履歴書の内容かと。
もっと言うと、履歴書と職務経歴書ですねー。 履歴書に書ける内容があれば、辞めてからも転職は成功出来ます。 無職というだけでハードルは上がります。 でも、応募書類がきちんとしていれば「何か面白そうなやつ」「何で無職なの?」みたいに興味持ってもらえます。
「会ってみたい」
そう思ってもらえて第一歩ですよー。 そのための履歴書のポイントは下記です。
・丁寧に書く、字が上手い下手は関係ない
・正直に書く、嘘偽りはしない方がいいですねぇ
・退職理由は書かない、面接時のお楽しみとする
これ位かと。 履歴書、職務経歴書がきちんと書けるのであれば、転職は辞めてからでも成功出来るというのはぼくの体験です。

3.転職のねらい目は「長い時間やったことがある職種」(業界問わず)


さて、会社を辞めて、やっぱりまた会社に勤めたくなった。 そんな時に狙い目は「長い時間やったことがある職種」(業界問わず)です。
職種に全集中ッ!
営業を多くやってきたなら、営業職を。 エンジニアを多くやってきたなら、エンジニアを。 人事をやってきたなら、人事を。 経理をやってきたなら、経理を。
無職からの転職は、やってきたことがある職種であればハードルは下がります。 ありがたいことに、現在は無職であっても過去の実績を評価してくれる方々いらっしゃるんですねぇ。
日本企業の良いところでもあり、反面、利用されてしまうところでもありますね。
過去にこの人はこれだけやったのだから、今もやってくれるだろう。 そんな期待を持ってもらえるのは、日本企業ならでは。 今の状態よりも、経験、どれ位の時間やってきたかを見てもらえる機会は多いです。 実際ぼくは、無職からの転職で思いつく限りでも3社は内定貰ってましたよ。(詳細の数は覚えてない。w) とにかく、転職は辞めてからでもOK!
ただし、情報は誰よりも取っておくッ!!
ぼくは下記の一番上の転職エージェントを活用させてもらってましたよ。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。
 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。

転職エージェント、いわば転職のプロが担当としてついてくれます。 だから、最初は「無職からだと厳しいですよ。」と言われてしまいましたが、情報は提供してくれましたし、企業への橋渡しもお世話になりましたよ。 今、会社を辞めたいと考えられている方はとりあえず登録してみたらいいかと。 「やっぱ会社辞める必要ないわ!」と気付けるかもしれませんしね。 ぼくはぼくの決断には後悔はありません。 でも、わずかに「会社辞めなくても良かったんじゃね?」という気持ちもあります。w ま、こうして社内復帰できてる訳ですから、結果オーライですね!
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。