【転職経験者より】20代転職は挑戦は嘘!身構えなくていい

転職体験談を共有します。

20代転職は挑戦は嘘!

身構えなくていい。

肩の力を抜いて。

見出し
1.20代転職は挑戦なんかじゃあない!ナチュラルに
2.転職は挑戦ではなく、最適な環境を探すための旅 

スポンサーリンク

1.20代転職は挑戦なんかじゃあない!ナチュラルに

20代転職は挑戦なんかじゃあない!

ナチュラルに!

転職と言うと、気合を入れて頑張ってじぶんを良く見せるとか、頑張って転職先に入れてもらうとか、新たなるステージへの挑戦とか。

結構なプレッシャーを感じることがありますね。

これやめましょ!!

転職が挑戦なんて、セルフプレッシャーもいいとこ!w

セルフでプレッシャーかけてどうする?!w

更に転職は挑戦!と定義してしまうとどうなるか??

妙に力が入りすぎてしまう。

そして、本来のじぶんではないように面接で振る舞ってしまう。

ありもしないことを口先だけで言って事実は違うとか最悪ですねー。

転職は挑戦!として転職活動をすると、内定貰った後も大変ですよ。

力が抜けない!w

人生のある一時期はそうでもいいかも知れません。

半年、1年、3年と期間を区切る!!
でも、それ以上継続することは出来ますか??
yesであれば、挑戦し続けるのもいいかも知れません。

でも、現在20代だとすると、定年は65歳以上になるのは確実。

あと40年間、力抜けない状況なんて耐えられますか??

サラリーマンは時間を切り売りする労働者です。

じぶんの労働力によってしか稼ぐことが出来ないッ!

労働に力を入れることで、この先さらに労働は増えます。

喜んで労働してくれる人は、会社にとって都合がいいので。

そして、死ぬまで労働をする。。。

じぶんの名前は後世に受け継がれませんし、労働をやめたら収入は一切なくなります。

労働は積み上がらないんですねぇ。

ぼくも、転職は挑戦!として気負って転職したこともあります。

結果、失敗!

また転職しましたよ。

それについては本音を下記にぶちまけていますよ。w

会社辞めたい!本音で転職したい理由と辞めたい時の解決方法

とにかく、20代の転職は挑戦といって気負わないことが大切です。

転職は、じぶんが安定して出来る仕事、苦にならない仕事、空き時間で労働以外を考えられる仕事探しだとぼくは思います。

ただし、その会社、その業界、その職種でスキルは「そこそこ」「まあ良し」が前提です。

更に、仕事の本質である「誰かの役に立つこと」を理解し行動している。
その基準を達した上で、言い方を変えると力を抜く。

会社の時間を過ごすのではなく、じぶん個人としての時間を徐々に増やしていく。

そう言った働き方が出来る転職先を探しましょう。

極端な話、平日8時間週5勤務なんて、日本が高度経済成長をしている時から変わってないのはおかしい、

本業で、2割から3割位の力で出来る転職をすること!

そして、労働以外に目を向けること!

日本は成熟していて、後は緩やかに衰退していくのみ。

海外での労働はどうか??

海外で労働以外はないか??

国内では??

つまるところ、仕事はより良い生活の資金を得るための手段に過ぎません。

ぼくは持っている知識と、新しい知識をフル活用して失敗した転職を取り戻しましたよ。

今では、平日の朝にこの文章を書いていられるほど、時間や精神的に余裕が出来ています。

後にも紹介いたしますが、下記がぼくが実際に活用していた転職エージェントサービスです。

転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 営業職に特化した新サービスッ!!
 営業職特化なのでレアな求人、非公開求人も期待できますねー!
 ぼくとしては、残業がない営業職が一番コスパ良いと思うんですよ。
 自由度も高い、年収も高い、これに残業なしなら最高ですよね。
 ぼくも経験がありますが、正直、最高です。

2.転職は挑戦ではなく、最適な環境を探すための旅

ぼくは、20代転職は挑戦ではないと考えています。

転職は、最適な環境を探すための旅ッ!!

何故なら、ぼくは転職を挑戦と考えて大失敗をしたことがあるからです。

週5で8時間、終わった後は会社の人と飲み会、休日も本業のことを考えたり、調べ物をしたり。

本業に時間と思考が、かなり取られていたんですねぇ。

言わずもがな、これはじぶんの時間ではありませんでした。

会社の時間を過ごしているにすぎない。

辞めて分かりましたが、あの休日で苦労したことも、平日キツかったことも、その時の年収がどんなに高かったとしても、転職したら消えてなくなります。

今のぼくには何も残っていない。
残っているとしたら、失敗からの教訓ですね。

じぶんの知識だけしか残らないので、転職してまた労働をしています。

でも、あの時よりも良かったと思っています。

変に気負わず、休日も犠牲にしないで、2、3割のパワーで本業が出来る。

これは、ぼくの理想的なサラリーマン生活ですよ。

サラリーマンはサイドビジネス。
「株式会社じぶん」で世の中に役立てることを模索しています。
じぶんのビジネスを考える上でも、本業の余裕は大切です。
前述も致しましたが、ぼくが実際に活用していた転職エージェントは下記の1番上のやつです。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 営業職に特化した新サービスッ!!
 営業職特化なのでレアな求人、非公開求人も期待できますねー!
 ぼくとしては、残業がない営業職が一番コスパ良いと思うんですよ。
 自由度も高い、年収も高い、これに残業なしなら最高ですよね。
 ぼくも経験がありますが、正直、最高です。

またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申しげ上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です