目標とする人が居ない。何者にもならないし、ぼくはぼくとして生きたいだけです。

ぼくには目標とする人が居ないです。
何者にもならないし、ぼくはぼくとして生きたいだけです。
共有します。
見出し
1.目標とする人が居ない。
2.ぼくはぼくとして生きていきたい。
スポンサーリンク

1.目標とする人が居ない。

「🍀「この人に一生ついて行こう!」
♦「この人のようになりたい。」
♣幸か不幸か、ぼくはこういった対象の人は居ません。
🍜だからこそ、じぶんで切り開いていかなければ。
📕とりあえず人はみんな、動物なんだし
🐼寝て、食べて、やって、歩いて、考えて。
🌸話はそれからですね。」
とりあえずシンプルに。
目標とする人が居なくても生き延びることが出来ます。
この人のようになりたい!
あの人のように生きたい!
と思うこと自体は悪いことではないと思います。
でも、ある人を目標とした時点で、その人には絶対に追い付けません。
ずっと背中を見ているイメージですね。
人は一人一人違った特性を持っています。
目標とする人の真似をしても、その人には一生追い付けないということです。

2.ぼくはぼくとして生きていきたい。

ぼくには、この人のようになりたいという目標とする人が居ません。
でも、
この人の、一部のこういった特性は尊敬できるのでじぶんに取り入れる
あの人の、一部の行動は素晴らしいのでパクって真似してみる
こういったことであればしています。
目標とする人、一人だけに囚われるのではなく、さまざまな人を参考にするという考え方です。
こうすることによって、いろんな人の良いとこ取りが出来ます。
更に、オリジナルな生き方をすることが出来ると思うんですよ。
まだまだ生き方の途中。

ということで、目標とする人が居ない。何者にもならないし、ぼくはぼくとして生きたいだけです。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です