いい気分でいるためには、外的要素からの心の影響を最小限、あるいは無くすこと。

いい気分でいるというのが良いのかな。

どうあがいても、ぼくは人以外の生物にはなれない訳で。

哲学とか先端の技術とかAIとか酵素学とか未来のことなんてわからないし。

此処に在ることに感謝。

日々生きていることに感謝。

いい気分でいるためには、外的要素からの心の影響を最小限、あるいは無くすこと。
いい気分でいるからこそ、良いことが目の前に現れる。

良いことが起こった時には、それをぎゅっと抱きしめて感謝。

更に良い気分になる。

こんな好循環って他になくて。

時には困難であったり、逆境に立たされることもあるかもしれない。

だけど、自分の気持ちと行動だけが未来の自分を決めることが出来る。

それが結果的に誰かのためになるのであれば、まずは自分のために気持ちを整える。

逆もありで、行動をすると気持ちが整うこともある。

ぼくにとっては、それは散歩です。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。