転職しないでよかった!と思ったことは、これまで一度もありません。

本ブログ「なのふら」にはプロモーションが含まれています
本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

転職しないでよかった!と思ったことは、これまで一度もありません。

ぼくは5回転職をしています。

その都度、転職してよかったと思えています。

その理由と転職のコツを共有しますね。

見出し
1.転職しないでよかった!と思ったことはこれまで一度もありません。
2.転職しないでよかった!と思わない理由①転職が経験値となっているから
3.転職しないでよかった!と思わない理由②会社は10あれば10様と分かったから
4.転職しないでよかった!と思わない理由③よりよい転職を実現出来ているから
5.転職しないでよかった!と思ったことはないです。そのコツとは

スポンサーリンク

1.転職しないでよかった!と思ったことはこれまで一度もありません。

転職しないでよかった!と思ったことはこれまで一度もありません。

転職してよかった!といつも思えています。

これは、その時々の転職活動の際に、課題をはっきりさせてそれをクリアしていったからかと。

だから、転職しないでよかった!と思ったことはこれまで一度もありません。

この理由は下記3つです。

転職しないでよかった!と思わない理由

・転職が経験値となっているから
・会社は10あれば10様と分かったから
・よりよい転職を実現出来ているから

下記に、転職しないでよかった!と思わない理由を深堀りして行きますね。

2.転職しないでよかった!と思わない理由①転職が経験値となっているから

転職しないでよかった!と思わない理由ひとつめ!

転職が経験値となっているからです。

転職経験はないよりもあった方がいいです。

何事もそうですが、経験がないよりも経験をした方が、体験として印象に残ります。

また、知識もついている状態になれます。

言ってみれば、一寸成長した状態になることが出来ます。

転職は多くの場合が、日数的に切れ目がなく会社を移ることを指します。

毎月の給料は貰いながらにして、新しい仕事への挑戦が出来る。

ノーリスクですねー。

ノーリスクで挑戦が出来ることって、他に無いのではと思います。

株やFXだと、失敗したら資産を失う可能性があります。

起業や独立だと、売り上げが立たずに潰れてしまうリスクがあります。

転職は、毎月の給料を貰いながらにして新しい挑戦が可能です。

転職を成功させると、じぶんへの自信につながります。

じぶんへの自信が高まってくると、挑戦する動機にもなります。

更に挑戦をしてみるという発想も生まれやすくなります。

また、選択肢も多く持てるので、人生を有利に進めることが出来ます。

転職をしたという経験値は大きいです。

万が一、転職に失敗しても、そこから学びを全力で吸収します。

失敗したら、また挑戦すればいいです。

ぼくも転職先を間違えたことがあります。

じぶんに合っていない種類の仕事、じぶんがやりたい種類の仕事を選んでしまったんですね。

だから、転職をして、じぶんが疲弊することなく人の役に立てる仕事を選びました。

仕事を自ら選択できるというのは、やっぱり恵まれていますよ。

恵まれている時代に感謝ですね。

3.転職しないでよかった!と思わない理由②会社は10あれば10様と分かったから

転職しないでよかった!と思わない理由ふたつめ!

会社は10あれば10様と分かったからです。

1つの会社しか経験していないと、その会社の常識が会社の常識とイコールになってしまいます。

万が一、その会社の常識が、他の会社だとありえない常識だった場合には。。。

これはすごく危険です。

どの会社でも通用するスタンダードなことを、努力して身に着けるならばともかく。

その会社でしか通用しないことで疲弊してしまったら、時間の無駄です。

逆に複数の会社を経験していると、その会社の常識が他とは違うと気付くことが出来ます。

これはすごく大切ッ!

正社員は、勤めている会社と国のために働く宿命にあります。

労働をしているわけですねー。

出来れば条件が良いところで労働をするべきです。

労働は最小限にッ!

そして、出来るだけじぶんの時間と人生を守ることです。

会社が10社あったら10様です。

だから、例えばある会社で結果が出なくても、別の会社では結果が出せるかも知れません。

ぼくは体験したことがあります。

ぼくと言う人間も、やっていることもほぼ同じなのに、転職で会社を変えただけで評価が変わり、年収も変わりました。

会社員の収入の差は、能力の差ではなく、会社の業界、その会社の業界内での立ち位置だと、この時気づくことが出来ましたよ。

能力では年収は左右されない。

それは、出世をすると少なからず年収はアップするかもしれません。

でも、同じ会社であれば小さな振れ幅です。

こういったことにも、転職を何回か経験したからこそ気付くことが出来ています。

もし転職を一度もしたことが無かったとしたら、気付くことありませんでした。

だから、転職しないでよかった!と思ったことはありません。

4.転職しないでよかった!と思わない理由③よりよい転職を実現出来ているから

転職しないでよかった!と思わない理由みっつめ!

よりよい転職を実現出来ているからです。

転職でよくあるのが、転職したら条件が悪くなるのではないかという不安ですね。

もしかしたら、不安があるから現実も不安だらけなのかも知れません。

転職しないでよかった!と思うのは、そういった不安を大きく膨らませすぎているからかも知れませんよ。

実は、転職した方が条件が良くなるというのは結構あります。

ぼくも経験があります。

転職した方が、よりよい仕事に会えるチャンスがあるのは明白です。

現状、仕事に何かしらの不満を抱えているのだとしたら、転職は選択肢に上がってくるはずです。

5.転職しないでよかった!と思ったことはないです。そのコツとは

ぼくは、転職しないでよかった!と思ったことはないです。

そのコツとはということで、お伝えしていきます。

転職のコツ、それは、その時々の転職活動の際に、課題をはっきりさせてそれをクリアすることです。

転職したいと思うのは、何かしら原因があるはずです。

だから、その原因を明確にする。

そこから転職活動はスタートしています。

企業探しの前にやるべきことは沢山あります。

ぼくが実際に行った5回の転職経験から、転職のやり方を21ステップでまとめてみたことがあります。

転職のやり方について、不安があったり、何から始めていいか分からない方に、是非読んでいただきたいです。

初めての転職!やり方21ステップ

よりよい転職のために、ご参考にして頂けますと幸いです。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました