内定もらったけど行きたくない会社に転職!とりあえず就職は通用するか?

内定もらったけど行きたくない会社に転職!

とりあえず就職は通用するか?

見出し
1.内定もらったけど行きたくない会社に転職!
2.とりあえず就職は通用するか?する!

スポンサーリンク

1.内定もらったけど行きたくない会社に転職!

内定もらったけど行きたくない会社に転職!

転職活動をしていて、内定がなかなか貰えず疲弊しきっている時。

もう内定はもらえないのではないか?

転職は出来ないのではないか?

そんな不安がよぎります。

転職活動に向けて書類選考をし、面接をし、今まで努力して来たはずなのに、内定がゼロ。

精神的にも辛い時期だと思います。

そんな時、内定がもらえたら、それだけでテンションが上がりますね。

ひとまず内定がもらえたと言うことは、まだじぶんにも市場価値があるんだッ!

そんな自信も付きます。

でも、内定をもらったその会社が第1希望ではない時。

更に、併願の併願の、そのまた併願の会社だった時。

正直、その会社には行きたくない。。。

内定をもらっておきながら失礼かも知れません。

でも、内定をもらったけど行きたくない会社。

そんな時、迷うと思います。

そして、行きたくないけど行くか、それとも辞退するかという選択をしなければならない。

ぼくの実体験から、対処方法をお伝えします。

2.とりあえず就職は通用するか?する!

内定をもらったけど行きたくない会社の場合。

考えることがあります。

それは下記の2つ。

・転職活動に疲れきってしまっていないか
・転職活動にあてられる時間はまだあるのか

下記に深堀りします。

・転職活動に疲れきってしまっていないか

転職活動は、より良い労働条件にじぶんを当てはめる活動です。

人生を楽しむための仕事を、変える。

それだけのことです。

転職活動自体が既にストレスになってしまっている場合。

転職活動自体が人生の貴重な時間を奪ってしまっている場合。

さっさと転職活動を終わらせることが大切です。

転職活動をしたけれども、やっぱり今の会社に居る方が得だと分かれば、無理に転職をする必要もないです。

そして、転職活動がストレスになってしまっているのであれば、とりあえず、行きたくない会社でも転職してみると言うのも手です。

・転職活動にあてられる時間はまだあるのか

転職活動に残された時間はどれ位なのか、考えると言うのも重要です。

転職活動は長い時間をかけたからと言って、必ずしも成功するとは限らない。

だから、ある程度の時間のリミットを設けることが大切。

内定もらったけど行きたくない会社の場合、とりあえず就職するというのも手です。

とりあえず就職は通用するか?

する!

ぼくは実体験家は感じていますが「とりあえずやってみる」というのは重要です。

失敗したとしても、それもまた「経験」になります。

更に、転職は1回しかしちゃいけないと言うことではないです。

転職失敗したら、次、その次と挑戦してみる。

辞めなければ失敗は過程です。

だから、とりあえず転職してみると言うのがいいかと思います。

でも、直感に従うのも大切ですね。

この会社に勤めたら100%体壊しそう、病みそうと直感が働いたら逃げること!

せっかく内定もらったけど、どーしても行きたくない会社の場合には辞退しましょ。

下記に転職エージェントを紹介しますが、転職先は星の数ほどあります。

転職エージェントまとめ
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 同じ20代は、こういったサイトで着々と、市場価値に合った転職活動を進めていますよ。

転職ドラフト
 エンジニアに特価した転職サイトです。
この先、エンジニア不足が必ず起こります。
労働市場においてエンジニアの高待遇さを見てみるのも一つの手ですよ。

だから、一度の転職で迷うよりも、次、そして、その次も見越しながら転職活動をしていくのが得策ですね。

転職活動のご健闘をお祈りしています。

またブログ書きます。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク