「インスタグラマーとしてスカウトしたいのですが、DMを送ってもよろしいでしょうか。」の対応や体験談について

「インスタグラマーとしてスカウトしたいのですが、DMを送ってもよろしいでしょうか。」
このリプへの対応や、返信、実体験について共有します。
見出し
1.「インスタグラマーのスカウト」DMへの対応
2.ぼくが「インスタグラマーのスカウト」DMを受け取った経緯
スポンサーリンク

1.「インスタグラマーのスカウト」DMへの対応

「インスタグラマーとしてスカウトしたいのですが、DMを送ってもよろしいでしょうか。」
この対応や返信について、
スルー
これが一番だと思います。
ぼくも現在、スルーしてます。
ネットでは今、様々な情報を集めることが出来ますね。
「インスタグラマー スカウト」について、実際に体験された方の体験談を読むことが出来ます。
そこには、明らかに怪しい体験談が書かれています。
DMでセミナーの招待を受ける
そのセミナーに参加すると、後半で急に入会費の話になる
入会費はかなりの高額
入会したにも関わらず報酬や仕事は一切紹介されない
数日後その団体は消えている
ぼくは体験したことないので、本当かどうか分かりませんが。
また、その体験者以外の参加者、20名位いたということですが、全員サクラの疑いもあるとのこと。
うん。
これは詐欺だ!w
集団催眠、カルト集団、商材販売セミナー、そういったたぐいと同じような手口ですね。
いまだにやってる人が居るということは、それにひっかかってお金を払ってしまう人も居るということ。
「インスタグラマー」という最先端なやっていることはアナログなんですねー。
いや、人自体アナログなので当たり前と言えば当たり前ですな。
技術に比べて、人はそれほど進化していない。

2.ぼくが「インスタグラマーのスカウト」DMを受け取った体験談

ぼくがインスタグラマーのスカウトDMを受け取った体験談です。
「🍀「インスタグラマーにスカウトしたいのですが、DMで詳細をお送りしてもよろしいですか?」(リプ引用)
♦既に散歩インスタグラマーの散歩師。なので、返信はしませんでした。
♣都庁の写真にリプ残ってる。
🍜不可解な文脈は、スルーが一番ですね。」
ぼくは、ネットの中だからって、日常生活と変わりません。
日常生活の中で違和感を感じたら、その話には乗りませんよね。
それと同じで、ネット上でも違和感を感じたらスルー。
インターネットの普及により、確かにネットを通じてお金が稼げる時代です。
ぼくもそれは体験として知っています。
でも、お金を稼ぐということはすなわち、人の役に立ったり誰かを助けたりすること。
この本質はネットでも日常生活でも変わらないとぼくは思います。
ネットだからって人を騙しちゃあかんよと。
人という本質は変わらんよと。
そんなこんなで、お送りして来ましたインスタグラマーへのスカウトの話です。
実はぼく、Instagramのフォロワー87名なんですよ。
それも顔が見える方々ばかり。
この滅茶苦茶ニッチなアカウントにスカウトというのも、ある意味良い嗅覚をしているなと。
色んな世界があるんだなーと、勉強出来ました。
ぼくは、人の役に立つ仕事をしたいです。

ということで、「インスタグラマーとしてスカウトしたいのですが、DMを送ってもよろしいでしょうか。」の対応や返信についてでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。