スリランカカレー〜特徴的な辛さを神奈川県で!東京近郊で食べられるスリランカ料理の店〜

東京近郊で食べられるスリランカ料理の店は増えてきました。
あの特徴的な辛さは神奈川県川崎市でも頂くことが出来ます。
ぼくが実際に食べたスリランカカレーを紹介します。

見出し
1.スリランカカレーの特徴的な辛さ
2.スリランカカレーの食べ方
3.日常にスリランカ料理を!!

スポンサーリンク

1.スリランカカレーの特徴的な辛さ

新しいビットマップ イメージ.jpg

これがスリランカカレーです。

Twitterに画像を上げたところ案の定「これってカレー?」っていう反応を頂きました。

ぼくも初めて食べたときはびっくりしましたが、これはカレーですよー。
インドカレーやタイカレーをイメージしていると、全く予想外の見た目に当惑するかと思います。
何せ、具やスパイスの種類が多い。
スリランカカレーの特徴はここにもあるんですが、実は辛さにも特徴があります。

それは、右手に見える液体だけじゃなく、どの部分をとっても辛いということ。

マトンの肉、かぼちゃ、ほうれん草のみじん切りみたいなやつ、キムチみたいなやつ、じゃがいもすら辛い。

その全てが辛いんです!!

むしろ右奥にある液体が甘く感じるんですが。。。

正常な舌だと、液体も辛いですよ。

でもこのスリランカカレーを食べると、辛さのレベルが確実に1アップする気がします。

2.スリランカカレーの食べ方

スリランカカレーのスタンダードな食べ方は「液体も個体もご飯も全て混ぜて食べる」です。

そうすることによってスパインがより香り立ちます。

これはスリランカの店主の方に直接教えて貰いました。

ご当地の人が言うんだから間違いない!と思います。

ちなみにぼくは興味本位で全て混ぜずに部分ごとに食べるのが好きです。

そうすることによって何かどんな味か、どんなスパイスの役割か分かるので面白いです。

時と場合によって食べ方もカスタマイズ出来るのがスリランカカレーの良いところです。

3.日常にスリランカ料理を!!

スリランカ料理は特徴的な辛さです。

独特なスパイスが効いていますし、食べ慣れないツーンとした風味もあるのは事実です。

だいたい分かってきましたが、グリーンカレーと一緒で、葉っぱの形のやつとか茎の形のやつはツーンとします。

たまにはこういった多国籍料理を食べるのも良いかも知れません。

ということで、スリランカカレー〜特徴的な辛さを神奈川県で!東京近郊で食べられるスリランカ料理の店〜でした。

今回は神奈川県川崎市のKING LIONというお店のスリランカカレーを頂きました。

あのボリュームで750円というのは凄くお得に感じました。

今後、都内の各所にお邪魔するかも知れません。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です