【独り言】人生とは、自己満足であり楽しいことを追い求めるものなのではないだろうか。

無名で貧乏で若い人が、いっちょ前に人生について考えています。
今の思考の終着点、それは
人生とは、自己満足であり楽しいことを追い求めるものなのではないかということです。
すなわち散歩。


生まれた環境、性別、生まれ持った才能とかは人によって違いがあります。
これは変えられない。
でも、時間だけは平等にある。
人によって、長く感じたり、短く感じたりする、そういった意味での差はありますが、物理的には時間は平等にある。
自分に与えられた限りある時間をどう使うかは自由。
大切なのは、その自由な時間で他の誰かの役に立つことなのではないかと思います。

そして、自分がしてもらったことへの恩返しをすること。

それこそが幸せだと思う。
例えば、路上で寝泊まりしてる人の中でも、本人が本当にそうしたいのであれば幸せなんだと思う。
万が一望んでない生活だったのだとしたら、抜け出す努力をするのか何もしないかというのも、その人の自由。
時間の使い方、どう生きるかはその人次第。
人生は思ったより短いかも知れない。

残された時間の中で、どれ位の楽しみに出会い、どれほどの人の笑顔に出会い、どれ位の人の役に立てるのだろう。

人生という壮大な散歩と実験の中で、見つけられたらいいな。
そんな独り言。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。