ZIELCHAIN contest応募作品「カオス~新しい選択」

カオス~新しい選択

・これまでのあらすじ

ラーメン二郎が大好きなカオス。好きなコールは「ヤサイマシニンニクマシマシアブラカラメ」である。

ラーメン二郎へは一人でしか行ったことがなかった。しかし、ZIELCHAINの住人が増えるにつれて、ZIELCHAINの住人たちともラーメン二郎に行くことが増えてきた。

ZIELCHAINの住人たちのコールはユニークで「麺なし」や「麺固め」等ラーメン二郎好きのカオスでも考えもつかなかったコールが連発するのであった。ZIELCHAINの住人のコールの度に、店内で大声で突っ込むというのがいつしか楽しみになっていた。

カオス自身としても大きな発見があったからであり、ラーメン二郎の楽しみ方が増え、未来への期待が高まっていたのであった。

ある日、いつも通りラーメン二郎に行くと張り紙が。「【出入禁止】コール以外で大声を出されるお客様はご入店をお断りしています この人とか この人とか」。あろうことか、「この人とか」の一つには、カオスの似顔絵が。出禁になったのはカオス自身初めてのことであり、出禁になった事実を噛み締めるのであった。

・第二章 カオス~新しい選択

まだ暑さが残る2023年秋。

昼過ぎのラーメン二郎にはいつも通り行列が連なっている。ZIERCHAINの住人たちは、すっかりラーメン二郎の常連だ。それも、カオスの紹介のおかげ。

ただ、行列に並ぶ人たちの中にカオスの姿はない。ZIELCHAINの住人たちは、あの日から、カオスの姿さえ見ていないのだった。

さみしさを抱えてはいたが、ZIELCHAINの住民はもうすっかりジロリアンなのであった。

長い行列を経て、ラーメン二郎の暖簾をくぐる。

すると「いらっしゃいませ!」という声が響く。

聞きなれた、大きく元気で聡明な、カオスの声であった。

※この小説はZIELCHAIN contest 2023.10.31 応募作品です
 尚、これまでのあらすじ部分は同コンテスト応募作品の4コマ漫画でもご覧頂けます

タイトルとURLをコピーしました