職場で無能扱いされた!つらいと感じたらやるべきこと

職場で無能扱いされた!

つらいと感じたらやるべきことッ!

見出し
1.職場で無能扱いされた!つらい!
2.職場で無能扱いされた!つらいと感じたらやるべきこと
3.実体験!職場で無能扱いされたぼくの体験談

スポンサーリンク

1.職場で無能扱いされた!つらい!

職場で無能扱いされた!

つらい!

職場で無能扱いされたら、きついですよ。

無能扱いされたら傷つきますねー。

無能扱いされていい気分になる人は、おそらく少ないのではないでしょうか。

無能扱いされてしまうと、じぶんには価値がないのではないかと思い込みがちです。

ひょっとしたら、じぶんは何処に行っても無能扱いされてしまうのではないか。

こういったストレスが降りかかってしまいます。

職場で無能扱いされて、つらい時にして欲しいことは下記です。

2.職場で無能扱いされた!つらいと感じたらやるべきこと

職場で無能扱いされた!

つらいと感じたらやるべきことは、じぶんだけは、じぶんを信じることッ!

職場なんてそれぞれです。

ある職場で無能扱いされたって、別の職場では優秀という扱いになることも多々あります。

人の感じ方はそれぞれですから。

更に、AIや恐竜とかと比較するわけじゃあありません。

同じ人だから、能力の差なんて微小ですよ。

一寸した違いだけで「無能」とレッテルを張る職場はやばみ。

だから、じぶんだけは、じぶんを信じることですね。

また、じぶんは無能と分かってる場合は「やべ!バレちゃったか!」と腹をくくりましょう。

そして、無能は無能なりに尽力している姿を見せる。

日本の企業はたとえ無能でも、簡単に首にしません。

そして、結果ではなく過程を評価するというのが未だに残ってる企業も多い。

だから、無能で仕事の結果を出すことが出来ないっていう時でも、頑張ってる感を出すことッ!

そしてもう1つ。

職場で無能扱いされたとしたら、他の職場を試してみる。

これも1つの手です。

新たな職場に挑戦するという手です。

具体的には下記2つ

・副業でバイトやクラウドワークやってみる
・転職で職場自体を変える

・副業でバイトやクラウドワークやってみる

まずはこちらです。

職場が1つしかない、仕事が1つしかない状態の時に、無能扱いされたら「本当にじぶんは無能なのかも知れない。」「じぶんは無能だ。」と思い込んでしまいがちです。

人の感じ方はそれぞれ、職場に居る人たちもそれぞれです。

だから、偏った考えでじぶんの扱いが変わるということもしばしば。

じぶんに合ってない職場、じぶんに合ってない仕事をしていたら、それはベストを尽くせませんよ。

無能扱いされてしまいかねません。

だからこそ、1つの職場だけではなく別の職場を経験してみる。

数個やって、それでも無能扱いされた時でも、それまではじぶんに合っていなかったと腹をくくること。

複数職場を体験したという事実こそ重要です。

それが後々自信にも繋がりますから。

オンラインだと、ライティング等のクラウドワークがおすすめですね。

下記にぼくが実際にやってみた副業をまとめています。

手取り10万円台だった時のぼくがやった副業、そして現代の副業の種類あげる!

・転職で職場自体を変える

職場で無能扱いされてストレスを感じたら、転職をすることも1つです。

逃げるッ!

職場で無能扱いされながら働くのは辛いですよ。

正直、無能扱いされながらではベストを尽くすなんて不可能です。

それであれば、環境を変える。

前述の通り、人の感じ方はそれぞれ、特定の人を無能と感じる人も居れば、優秀だと感じる人も居ます。

だから、思い切って環境を変えるのも手です。

それは、たかが職場の評価ごときで人生を棒にすることのないようにという、ぼくの願いも入ってます。

ぼくは、職場の評価が低くてストレスを抱え、更に鬱になってしまい、その後も鬱と付き合って行かざるを得ない人たちを見てきています。

人としてはきちんとしていて、真面目な方々にも関わらずッ!

たった1つの職場の評価だけで、ストレスを抱え込まないこと。

ストレスであれば逃げるという手もあるということ。

下記には転職のアドバイスから、やり方、そしてエントリーシートの添削、模擬面接等々を無料でやってくれるサービスを紹介します。

職場で無能扱いされてストレスフルな場合には、さっさと次の職場見つけちゃいましょ。

転職エージェントまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。
 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 20代の子たちはこういったサイトで着々と、市場価値に合った転職活動を進めていますよ。

転職ドラフト
 エンジニアに特価した転職サイトです。
この先、エンジニア不足が必ず起こります。
労働市場においてエンジニアの高待遇さを見てみるのも一つの手ですよ。

3.実体験!職場で無能扱いされたぼくの体験談

ここからはぼくの実体験です。

職場で無能扱いされたぼくの体験談ですよー。

ぼくは職場をいくつか経験しています。

バイトや正社員、日雇バイトやリゾートバイト、クラウドワーク、結構色んな職場を体験しています。

その中で、ぼくの評価はまずまずだった職場が多かったですね。

だけど、中にはぼくを無能扱いする職場も一個だけありました。

結論を言いますと、ぼくはその職場を退職し新しい職場で働くようになりました。

無能扱いされながら働くのはストレスですし、そんなんその職場の偏見だろうというじぶんへの自信もあったからです。

無能扱いされてストレス抱えるよりも、サクッと環境を変える方が楽ですよ。

またブログ書きます。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク