アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は?10,000円以下だけど買ってみた

アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は?10,000円以下だけど買ってみた

アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は?

アバランチ(AVAX)仮想通貨を買っても良いのか?

こんな疑問にお答えします。

結論、将来性は明るいので少額持っていても良いかもです。

アバランチ(AVAX)仮想通貨を、10,000円以下だけど買ってみたんですよ。

少額すぎるので、早い段階で買い増しもアリかと思います。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催、借金200万円完済
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 アルトコインガチホしながら、ビットコイン年利10%で運用中

見出し
1.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!
1-1.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由①イーサリアムキラーでNo.1
1-2.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由②NFT、DeFi分野での活用
1-3.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由③大企業との連携
1-4.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由④他のブロックチェーンとの相互運用性
1-5.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由⑤AVAXを構成銘柄に含む投資商品が増えている
2.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るいので少額買ってみた

 スポンサーリンク

1.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!

アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るいとぼくは思います。

その理由は下記。

①イーサリアムキラーでNo.1
②NFT、DeFi分野での活用
③大企業との連携
④他のブロックチェーンとの相互運用性
⑤AVAXを構成銘柄に含む投資商品が増えている

1-1.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由①イーサリアムキラーでNo.1

アバランチ(AVAX)には、イーサリアムの上位互換として定着する可能性があります。

イーサリアムは、DAppsプラットフォームとして最初に開発されました。

しかし、ガス代という手数料が高すぎます。

更に、処理速度の遅延が多発しており、処理が遅いのがデメリットです。

そんなイーサリアムの問題を解決できるのが、イーサリアムキラーと呼ばれる後発のブロックチェーンです。

イーサリアムキラーと呼ばれているのは、これまでソラナ(SOL)が注目されていました。

ソラナ(SOL)はイーサリアムよりも処理速度が速く、手数料が安いです。

このソラナ(SOL)よりも、アバランチ(AVAX)の方が処理速度が速いんです。

DAppsプラットフォームとしてはどちらも注目されていますが、現在の実力で言うと、アバランチ(AVAX)に軍配が上がります。

今後、アバランチのプラットフォームを利用するDAppsが増えれば、イーサリアム市場以上になる可能性もあります。

後述もしますが、イーサリアムと互換性があるので、もしかしたら、イーサリアム市場をも獲得するという可能性だってあります。

1-2.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由②NFT、DeFi分野での活用

アバランチ(AVAX)の特徴として、NFT、DeFi分野での活用が多いことが挙げられます。

今後、NFT、DeFi分野は伸びていくと思われますし、将来性も期待できます。

また、アバランチプラットフォーム上では、誰でもNFTを発行できてしまいます。

参加数は増えていくと思われます。

1-3.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由③大企業との連携

2023年1月12日、アバランチ(AVAX)の開発を主導する「Ava Labs」が、アマゾンウェブサービス(AWS)との提携を発表しました。

この提携では、AWSを通じて政府や企業などにブロックチェーン技術の取り入れを推進するものとみられています。

アバランチ(AVAX)の可能性は広がっていくと思います。

また、グリー株式会社とはパートナーシップを締結し、Web3ゲームをアバランチ(AWS)ブロックチェーン上で開発しています。

アリババの子会社「Alibaba Cloud」は、開発者向けのインフラとしてアバランチ(AVAX)を提供しています。

今後、大企業との連携が展開されれば、それだけアバランチ(AVAX)にも注目が集まります。

プラットフォームとして幅広い場面で活用される未来も、そう遠くないと思えますね。

1-4.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由④他のブロックチェーンとの相互運用性

アバランチ(AVAX)は、他のブロックチェーンとの相互運用性も持っています。

特に、イーサリアム。

EVMと呼ばれるイーサリアム仮想マシンが、アバランチ(AVAX)上にあります。

このため、イーサリアム上のDAppsをそのままアバランチへ移植、ブリッジ機能を使ってイーサリアム基盤上のトークンとの相互移動といったことも可能になります。

イーサリアム以外の他のブロックチェーンについても、現在、相互運用のための開発が進んでいます。

1-5.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るい!その理由⑤AVAXを構成銘柄に含む投資商品が増えている

アメリカでは、アバランチ(AVAX)を構成銘柄に含める投資信託が存在します。

残念ながらまだ日本では買うことが出来ませんが、アメリカ以外にも数カ国、買える国があるようです。

アバランチ(AVAX)が構成銘柄に含まれる投資商品が増えることによって、一般の投資家の資産も巻き込む形になります。

これはビットコインETF承認され、一般の株式投資家の資産も流れ込んでいる状況に似ています。

より、アバランチ(AVAX)が周知され、投資対象として活用されることになります。

これにより、市場での価値が安定していくことにも期待ができます。

2.アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るいので少額買ってみた

ぼくは、1AVAX = 30.55ドル(4,600円)の時、0.861AVAX購入しています。

0.861AVAX購入には、26ドル(4,000円)使っています。

時期は2024年1月中旬のことでした。

かなりの少額ですので、場合によっては買い増しもアリかなと考えています。

仮想通貨アバランチ(AVAX)日本円からの買い方

ぼくは、アバランチ(AVAX)仮想通貨の将来性は明るいと思います。

その理由は下記。

①イーサリアムキラーでNo.1
②NFT、DeFi分野での活用
③大企業との連携
④他のブロックチェーンとの相互運用性
⑤AVAXを構成銘柄に含む投資商品が増えている

2024年~2025年に来るであろう仮想通貨バブルに向けて、少額だけ持っていることにしますよ。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

 スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました