いずれ誰もが死ぬ〜だからこそ、生き延びていることに感謝!

いずれ誰もが死にます。
だからこそ、生き延びていることに感謝。
共有します。
見出し
1.いずれ誰もが死ぬ
2.残された時間はある
スポンサーリンク

1.いずれ誰もが死ぬ

「いずれ誰もが死ぬ。
死にたいと思ったことも
死ねと言われたことも
両方あるからこそ、そう思える。
深い感謝。
なかなか面白そうだそ人生は。
この思考も、散歩に過ぎない。
限りない感謝を。
おやすみなさい。
明日、目が覚めますように。」
ぼくは人生の一時期、死にたいと思ったことも死ねと言われたこともあります。
今ぼくが考えることは、
思わなくてもいずれ死ぬ
言われなくてもいずれ死ぬ
ということです。
誰も死からは逃れられない。

2.残された時間はある

いずれ死ぬのですが、少なくともこのブログを読んでくれている方々は生きています。
そしてぼくも。
まだ残された時間はあるので、残らず楽しんでやりましょう。
人生は楽しむもの。
せっかく生まれてきたのだから、楽しみ尽くしてから死にましょう。

ということで、いずれ誰もが死ぬ〜だからこそ、生き延びていることに感謝!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。