その時の時代感とか、そういったものを体感することは永遠に出来ないかも知れません。

この曲は、ぼくよりももっと上の世代の曲だと思います。

その時の時代感とか、そういったものを体感することは永遠に出来ないかも知れません。

しかしながら、その時代を生きた経験談は先輩から聞くことが出来ます。

この曲が流行歌だった時代はどんな時代だったのかすごく興味があります。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。