その土地に出回っている紙幣の綺麗さ、汚さって、その土地の民度と比例している気がする。

その土地に出回っている紙幣の綺麗さ、汚さって、その土地の民度と比例している気がする。

綺麗な街であれば綺麗な紙幣。

汚い街であれば汚い紙幣。

当たり前と言えば当たり前か。
返してもらった紙幣が汚すぎて、財布に入れずにポケットに入れたという経験もあります。

ぼくは色々な土地に行くのが好きなので、それも含めて旅なのかなーと思います。

紙幣もそろそろ無くなって、QRコードとかデータになるのは明らか。

既に中国は取り入れていますし。

お金と言うものがデータという仮想的なものになる前に、出来るだけ紙幣や硬貨に触れるというのもいいのかも知れないなと考えました。

とはいいつつ、小銭も持ち歩くのは好きじゃないです。

重いしかさばるし。

出来るだけカード決済です。

そんなことを考えているうちに、小学生の頃は500円玉って偉大な威力を発揮するので感動したのを思い出しました。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。