Pringで送金を体験!Pringとは?これまでのプリン体験のまとめ

「🍀Pring(@pring_official)でお金を送る体験をしました。
♦Twitterで繋がってる方からのRTで、漫画を見てその中のキャラクターがかわいかったから。
♣原稿料は5円
🍜手数料がなくて、少額でも気軽に送金できるのが良い。
🐼ちなみに残高2,000円は全額プリンちゃんから貰って、95円パイ食べたから。」
ということで、共有します。
これまでのプリン体験も、文章の後半にまとめてます。
見出し
1.TwitterとPringで、漫画を描く誰かに原稿料を支払うことが出来る時代
2.これまでにPringでしたこと
スポンサーリンク

1.TwitterとPringで、漫画を描く誰かに原稿料を支払うことが出来る時代

Pringでお金を送る体験をしました。
Pringとは、キャッシュレスアプリです。
銀行口座と連携をして現金をオンラインで管理することが可能。
街のお店(Pring対応店舗に限る)での支払いはQRコードで簡単。
オンライン上で誰かにお金を送ることも、誰かからお金を受け取ることも出来ます。
ぼくは今回、Twitterで繋がってる方からのRTで、漫画を見て、その漫画の作者にPringで原稿料を支払うという体験をしました。
原稿料を支払った理由は、その中のキャラクターがかわいかったから。
原稿料は5円。
されど5円ですね。
手数料がなくて、少額でも気軽に送金、受け取りができるのが最大の特徴。
従来の銀行の取引ではあり得ないシステムです。
これを実現しているのは、技術の発達により、人件費などのコストが驚異的に下がったこと、ローコストで運営出来るようになったことだとぼくは思います。
いい時代ですねー。
実はぼくは「お金を送る」という体験は初めてしました。
Pringに感謝。
おそらく数年後には一般的になっているでしょう。

2.これまでにPringでしたこと

ぼくは数ある決済アプリ、キャッシュレスアプリの中で、Pringが一番気に入っています。
というのも、「楽しい体験」が多いし、「お得」も多いから。
今回の送金の体験もそうですが、Pringで色々体験させてもらえました。
・プリンちゃんがかわいい
・プリンちゃん(Pringのマスコットキャラクター)にお金を貰う
・紹介キャンペーンで紹介してくれた方のコードを登録したら、500円貰えた
・紹介キャンペーンで誰かが登録してくれたので、プリンちゃんから、その方にもぼくにもお金が貰えた
・QRコード決済の手軽さに感動
・連携銀行口座がなかったので、今更ながら銀行口座を開設
・銀行口座開設は、アプリで手軽かと思いきや、カードが手元に届くまでかなり時間がかかるし、受け取りのために郵便局に行かなきゃならないし、かなりめんどうだと実感出来た。
・青山グラニースミスで95円でアップルパイを食べることが出来た。
・Instagramのアップルパイコンテストに参加が出来た。
・日本の未来を一寸先取りしている気分になれた(中国の友人はキャッシュレスはもう何年も前からしてるけど)
ここまでを、全部プリンちゃんから貰ったお金で体験出来ています。
残高は2,500円。
何に使おうか、ワクワクしながら考えています。
Pring最高!

ということで、Pringで送金を体験!Pringとは?これまでのプリン体験のまとめでした。
こちらも是非~。
またPringは定期的にお得なイベントを開催しています。
特に、新規登録で500円貰えるキャンペーンは定期的に開催されることが予想されます。
ぼくのTwitterアカウント「@nanofura」をフォロー頂きますと、キャンペーン情報もお伝えすることが出来ますよー。
この紹介コードは定期的に変わるので都度、Twitterで共有しますね。

またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です